Appleのサポートページに Mac版「iWork」の新バージョンで削られた機能を6ヶ月以内に一部復活させると、アップルのサポートページで公開しています。

skitched-20131108-164546

今回の新iWorkは、OS XとiOS版とのデザインを統合させることを目的とした野心的なバージョンと云えますが、ヘビーユーザーにとっては高度な機能が予告なく削除されてしまったことになり問題となっていました。

6カ月以内のリリースで追加されるいくつかの機能は・・・

Pagesでは・・・
「ツールバーのカスタマイズ」「垂直ルーラー」「整列ガイド」と「オブジェクト配置」の改善、「画像付きセルのインポート」「字数計算」の改善、「スタイルのキーボードショートカット」「サムネイルビューからのページとセクションの管理」

Numbersでは・・・
「ツールバーのカスタマイズ」「ズームやウィンドウの配置」の改善、「複数列範囲のソート」「セル内テキストのオートコンプリート」「ページのヘッダーとフッター」、AppleScriptサポートの改善

Keynoteでは・・・
「ツールバーのカスタマイズ」「古いトランジションとビルドの復元」「発表者ディスプレイ」の改善、AppleScriptサポートの改善

この改善までの期間、AppleではOS Xにインストールされた前バージョン「iWork ’09」の使用を推奨しています。

フォスター卿の建築術 [DVD] フォスター卿の建築術 [DVD]




 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です