ITmediaによると、AppleのOS XとiOSを狙う新手のマルウェア「WireLurker」が中国で猛威を振るっているそうですToT

skitched-20141108-114401

WireLurker」は、中国のサードパーティーアプリストア「Maiyadi App Store」で配布されていた OS Xアプリ467本に仕込まれているのが見つかり、過去半年間で35万6000回以上ダウンロードされていたとのこと。

このマルウェア「WireLurker」は、まず OS Xに感染して USB接続されたiOS端末を監視し、脱獄させていない端末であってもサードパーティーアプリや悪質アプリを仕込んでしまうというもの。

恐ろしいのは、脱獄していない iOS端末にも感染できるという点。
脱獄されていない iOS端末に感染するマルウェアは、これまで理論的には実証されていたが、実際に出回ったのは初めてだという。

作者の目的はまだ分かっていないそうだが、感染した端末から情報を盗んだり、攻撃者のサーバから定期的にアップデートを受け取る機能を備えているとのこと。

これに対しアップルは6日にコメントを発表。

中国のユーザーを狙った悪質なソフトウェアがダウンロードサイトから提供されていることを確認し、検出したアプリをブロックして起動を防ぐ措置を講じた

怖いですねぇ怖いですねぇToT

非“脱獄”のiOSにも感染するマルウェア現る、中国で大量流通 – ITmedia ニュース




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です