Apple Watchのバッテリーあれこれ!最大18時間の内訳 他 #applejp


 

アップルは、Apple Watchのバッテリー駆動時間を最大18時間とうたっています。

スクリーンショット_2015_04_25_11_23

正直、18時間ときいて「短い」と感じたので、どういう根拠で算出したのか知りたくてアップルのWebサイトを回遊して「バッテリーに関する一般情報」というページにそれが掲載されていたので、抜粋して簡単にご紹介です。

ちなみに、以下の数字は2015年3月に試作ソフトウェアを使ってiPhoneとペアリングしたApple Watch試作ハードウェアとソフトウェアを使用し行われた、Apple Watchのバッテリーテストの結果によるものだそうです。


一日中持続するバッテリー(最大18時間)

18時間の間に以下のことを行った結果にもとづきます

  • 時刻のチェックを90回
  • 通知を90回
  • アプリケーションの使用を45分間
  • Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらワークアウトを30分間


連続通話時間(最大3時間)

Apple Watchから電話をかけた場合


オーディオ再生(最大6.5時間)

Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生した場合


ワークアウトの(最大6.5時間)

ワークアウトのセッションを起動し、心拍センサーをオンにした状態で使用した場合


時計表示(最大48時間)

1時間に5回(4秒間ずつ)時刻をチェックした場合


省電力モード(最大72時間)

1時間に4回(4秒間ずつ)時刻をチェックした場合


充電時間

0%から80%までの充電に約1.5時間
0%から100%までの充電に約2.5時間


Apple – Apple Watch – バッテリー




 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です