新型iPod touchは従来モデルより6倍高速、メモリは2倍の1GB、Bluetooth4.1対応がミソですなww #applejp




スクリーンショット_2015_07_16_15_52

早速、発売されたばかりの新型「」のベンチマークの結果が公開され、搭載されている A8プロセッサの動作周波数などが明らかになりました。

測定したのは TechCrunchの Matthew Panzarino氏

新型「」のA8プロセッサの動作周波数は1.1GHz。
iPhone 6/6 Plusも同じA8プロセッサですが動作周波数は1.32〜1.39GHzに設定されているので、きっとバッテリーの持続時間に配慮して少し抑えた設定になっていると思われます。


また、シングルコアで1379、マルチコアで2440というテスト結果で、これは従来モデルより6倍高速化という結果を示しています!

参考までに A5プロセッサを搭載した従来モデルのiPod touchの場合は、それぞれ215と410というテスト結果

貼り付けた画像_2015_07_16_15_58

メインメモリは iPhone 6 / 6 Plusと同じ1GBで、従来モデルは512MBでしたから2倍に増量!!

他には、M8モーションコプロセッサ搭載、新たに802.11acの無線LAN規格対応、Metal対応、Bluetooth4.1対応といったところ。

ちなみに新型には最新のiOS8.4がプリインストールされているので、購入直後でも Apple Musicが利用可能とのことデス(´ω`)b


新型iPod touchは従来モデルよりも6倍高速、クロック数1.10GHz、1GB RAM搭載 – iPhone Mania


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です