なんと!iPhone6の半分程度の性能のレンダーファームでトイ・ストーリーは作られていた!!


 

詳細は元ネタのGIGAZINEさんにお任せして、ここでは簡単に・・・

トイ・ストーリーのCG生成に使われたマシンはiPhone6の半分程度の性能 – GIGAZINE


貼り付けた画像_2016_08_25_0_48


1995年に公開されたCG映画の金字塔「トイ・ストーリー」のCGレンダリングに使用したレンダーファーム全体には何十、何百といった数のマシンが並んでいて、CPUにはトランジスタが10億個集積していたそうです。



一方、iPhone 6に搭載されているA8チップにはなんと20億個ものトランジスタが集積されているそうです。A8チップの実寸は縦8.47mm×幅10.5mmととてもコンパクト!!



ま、性能を比較する際に、トランジスタの数がそのまま性能差というわけでは無いでしょうが、トランジスタの数が多くなればなるほどプロセッサの処理性能や機能を高められるのは間違い無いことでしょう.


なんとも感慨深いでつねwww


約20年でこれだけテクノロジーがコンパクト(進化)したということでつね(≧∀≦)b!!

ま、よく知れたことですが、ピクサーとジョブズの意外な関係は以下のリンクから・・・

スティーブ・ジョブズがいなかったら「トイ・ストーリー」はこの世に存在していなかったかもしれない(1/4) – ディズニー特集 -ウレぴあ総研





 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です