本日、東京ビッグサイトで行われた「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」にて、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の詳細がついに発表されました。


発売日は世界同時の3月3日(金)とのこと!
日本での希望小売価格は29,980円(税別)です!!

カラーバリエーションは付属コントローラー『Joy-Con』(ジョイコン)の差となる2種展開!!
左側に合体するJoy-Con(L)が「ネオンブルー」・右側のJoy-Con(R)が「ネオンレッド」の組み合わせとなるセット、そして双方が「グレー」となるセットです。


プレゼンテーションでは、Nintendo Switchのコンセプトや、ライフスタイルに合わせた3つの遊び方についても、映像で紹介されました(≧∀≦)b!!


本体に取り付けられた2つの「Joy-Con」により、Nintendo Switchは3つのスタイルでよりアクティブに、自由にゲームのプレイスタイルを進化させてくれます。


「キャプチャーボタン」でゲームの静止画撮影ができ自分の思い出のシーンやプレイをSNSを通じて友達にシェアすることができます!
将来的には動画撮影にも対応とのことwww


ちなみに、Joy-Conに、「Joy-Conストラップ」というアタッチメントを装着することで、LRボタンを押しやすくすることや、持ちやすくすることができます。
Joy-Conストラップは、本体同梱の黒以外の色も別売りで発売します。


で、嬉しいのが・・・
Nintendo Switchは、原則としてゲームソフトの起動に販売地域によるリージョンロックをかけないそうですよ!!


で、バッテリー持続時間は、ゲームや使用条件により異なるが、約2.5時間から6.5時間程度。
USB Type-C端子を通じてACアダプターや携帯バッテリーなどを使って給電しながら遊べるそうです。


CPUとGPUは、『NVIDIA社製 カスタマイズされたTegraプロセッサー』

本体の画面は静電容量式タッチパネル。
画面サイズは6.2インチ、解像度は噂通り1280×720。一部で焦点となっていたタッチパネルも搭載します(静電容量式)。HDMI出力時の解像度は、こちらも噂通りの最大1920×1080/60fps。



ソフトウェアは専用形状のゲームカード(メモリカード)、またはダウンロードにて提供。本体のデータ保存用メモリは32GBで、マイクロSDカードスロットも備えます。

バッテリーは噂通りのリチウムイオンタイプで容量は4310mAh、本体内蔵(交換不可能)
なお、ジョイコン側のバッテリーもリチウムイオンタイプを搭載。公称動作時間は約20時間。充電は本体への装着などで可能となり、約3時間30分です。

無線通信はWi-Fiが802.11ac、Bluetoothはバージョン4.1。

本体単体でのサイズは173×101×13.9mm(横×高さ×厚さ)、重量は約298g。
両方のJoy-Conとの合体時のサイズは、239×102×13.9mm、重量は397gとなります。


きになるゲームは、サードパーティ50社が80タイトル以上を開発中とのこと



以下、気になるタイトルをいくつかご紹介(≧∀≦)b!!


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
発売日は、Switch本体と同日となる3月3日で、価格は 6980円(税別)


スーパーマリオ オデッセイ
3Dマリオ新作!ギャラクシー系列のガチなやつ!
発売は2017年冬発売^^;


スーパーボンバーマンR
グラフィックは基本的に往年のボンバーマンを踏襲しつつも、リアリティ高めなのが特徴的!
インターネット対戦だけでなく、ローカル対戦も最大8人同時プレイに対応


1-2-Switch
ニンテンドースイッチ用ゲーム第一弾で、まさかの「画面を見ない対戦ゲーム」


スプラトゥーン2
発売時期は2017年夏頃。


ARMS
体感操作の格闘スポーツ。2017年夏発売。


ゼノブレイド2


マリオカート8 デラックス


ドラゴンクエストヒーローズI・II




Link: Nintendo Switch 公式ページ




 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です