東芝メモリ事業争奪戦にApple、Google、Amazonなど10社前後が参戦




東芝が経営悪化で売却を検討しているメモリ事業をめぐり、Apple、Google、Amazon、Foxconnなどが争奪戦に名乗りを上げていると、iPhone Maniaさんが伝えています(≧∀≦)b!!




2017年3月期の連結決算で1兆円以上の赤字を計上している東芝。
先日の報道では、経営再建のため競争力の高いメモリ事業を 1兆5,000億円以上で売却する意向だと伝えられています。

東芝のメモリ事業は世界第2位でシェアは18%でランキングはこんな感じ・・・

  1. Samsung – 37%
  2. 東芝 – 18%
  3. Western Digital – 17%
  4. SK Hynix – 9.6%



で、読売新聞によると、同事業の入札には10社前後が参加し、Apple、Google、Amazon、Foxconn、米Western Digital、韓国SK hynixなどが名乗りを挙げていて、2兆円を超える買収額を提示した企業もあるとのこと。



なぜに Appleが入札に参加したのか鑑みるに、Apple製品の超重要部品であるメモリの「Samsung依存脱却」を目論んでのことではないかと思われますね(≧∀≦)b!!

もし、Appleが買収に成功すれば恩恵に預かれそうではありますが、現時点では残念ながら日本企業の入札はなかったそうですし・・・総体的には残念なニュースですねToT



あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017/04/11

    […] Link: 東芝メモリ事業争奪戦にApple、Google、Amazonなど10社前後が参戦 – Blog!NOBON+ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です