ネット利用OSの世界シェアで絶対王者WindowsをAndroidが抜く!!




およよ!遂にこの時が来ましたか!!

ついに、ネット利用OSの世界シェアトップの座が Windowsから Androidへ移り変わったと GIGAZINEさんが伝えています(≧∀≦)b!!


2017年4月3日、デスクトップPC、ノートPC、スマートフォン、タブレットなどのインターネット使用量(トラフィック)について、調査会社StatCounterがレポートを公開しておりまして、2017年3月にインターネット利用OSシェアで Androidが初めて Windowsを抜いてトップに躍り出たとのことぉぉぉ!!!!!

インターネット利用端末として、北米市場や欧州市場では Windowsがトップを維持したものの、アジアなどの新興国市場でAndroidのシェアが52.2%なのに対して、Windowsは29.2%と振るわず、この勢いの差が座交代となったようです。

iOSは微妙に上昇、OS X(macOS)は横ばい?といったところでしょうか??

5年前のAndroidのインターネット使用量はわずか2.4%・・・
たった5年でトップですか・・・
IT技術の早い移り変わりが怖いくらいわかりますね^^;



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です