1983年発売の「Lisa」の「Lisa OS」が2018年に無償公開へ







1983年にAppleが発売したコンピュータ「Lisa」

そのOSが、来年2018年は発売から35年後にあたるため、米Computer History Museumが、オープンソースプロジェクトとしてオンラインで無料公開される計画であると iPhone Maniaさんが紹介していたのでご紹介(≧∀≦)b!!




「Lisa」といえば10,000ドル弱という価格が原因で商業的な面では失敗したといわれてますが、搭載されていた「Lisa OS」はパーソナルコンピュータ初のGUI環境のOSであり、名機といっても過言ではないと思います(≧∀≦)b!!


ここで「Lisa」の豆知識をひとつ・・・

当初、アップルの正式発表では「Local Integrated Software Architecture」の頭文字をとったものとされていましたが、名称の由来はLisaのプロジェクトリーダーであるジョン・カウチの娘だとされていました。

後にカウチの証言によりスティーブ・ジョブズの娘からとられたことが明かされました。




そうそう Macテクノロジー研究所が「Lisa」をしっかり楽しくまとめてくれているので、気になる方はご覧あそばせ(≧∀≦)b!!

Lisa 誕生の光と影の物語
>> Apple/Macテクノロジー研究所









1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です