アップルが Face ID関連に約910億円も出資 #applejp







賛否両論の顔認証システム「Face ID」ですが、アップルが今年リリースする iPhoneの全てに搭載すると噂されていますね。

その供給の確保のため、LGイノテックへ出資すると Forbes JAPANが伝えています。




アップルは「Face ID」の安定供給のため、LGイノテックに約910億円(約8億2100万ドル)を出資し、「Face ID」に使われているドットプロジェクターや投光イルミネーターなど、3Dセンシングに必要な部品を確保できるそうです。

iPhone Xのリリース当初、Face IDの生産の遅れで出荷が遅れたと云われています。

なので今回のLGイノテックへの出資は安定した出荷と機能向上にもつながると同時に、競合他社へ部品流通を制限することにもなるでしょう。


気になるのは、今年どんな iPhoneをリリースするかということ。

ま、順当に考えられるのがリニューアル版「iPhone X」とファブレットの「iPhone X Plus(テンプラ)」、それとベゼルレスデザインが採用された iPhone SEの後継機の3モデルといったところでしょうか??

ついでに言えば「iPad Pro」のアップグレード版にも Face IDが搭載されるんじゃないですかねwww


とにかくテンプラが超楽しみデス(p゚∀゚q)キュキューン







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です