ウォズ、1BTCが700ドルの頃から保有していたビットコインを利食いしていた





アップルの共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏、通称 ウォズ(Woz)が、先週参加したスウェーデンのストックホルムで開催されたイベントで、実験用として購入し保有していたビットコインをすべて利食ったと明らかにしたとのこと。


ん?利食ったって何??

利食い(りぐい)
利食いとは、購入した価格より値上がりして利益が出ている時点で売却し、利益を確定することをいいます。
Link: http://bit.ly/2EuUCyC


つまりウォズは、実験用として「1BTC=700ドル」で購入していたビットコインを変動の激しさに耐えきれずに、2万ドル近くに急伸した時点で、全持ち分を処理したとのこと。

ま、どれだけのビットコインを保有していたのかわかりませんが、莫大な利益になったことは間違い無いでしょう^^;


ウォズは以前、ビットコインが潜在的にドルや金よりも良い蓄えにもなりうると、絶賛していました。


関心はブロックチェーン技術にあったのだと思うのだけれど、さすがとしか言いようがない・・・

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です