【言霊】思わず唸ってしまった言葉いろいろ 其の14 – 男は弁護士を訪れて言った…







男は弁護士を訪れて言った。

「隣人が500ドル返さないんです。どうしたらいいでしょうか?」

「借用書は?」

「いや、もらっていません」

「証拠になるものは?」

「いや、なにもないんです」

「OK。じゃあ彼に手紙を書いて1000ドル返すように言いなさい」

「でも500しか貸してないんですよ」

「相手もそう返事を書いてくるから、それが証拠になります」


冷静に考えて、

・出演者200名以上
・公演時間9時間30分
・グッズやグルメが充実
・2200円から見れる
・声だしOK
・静止画・動画撮影可
・出待ちOK
・卒メンがそのへんを歩いてる
・年間90回開催

大相撲本場所もめちゃめちゃネ申イベですよ


仕事してたら突然、ネタのためにシャリがあるんじゃない、シャリのためにネタがあるんだと悟った


「共産主義ってのは、船旅に似てるな。」

「どんなところが?」

「展望だけは素晴らしいんだが、
どこに向かってるんだかさっぱりわからない。
その上吐き気がする。
おまけに降りられない」


大切なことなので2回言いますが、
「教養がない」というのは、
別に過去の文学作品のタイトルを知らないということではなく、
自分の知らない事はこの世でさして重要でもないと
思い込んでしまう視野狭窄のことです。

つまり、

世界を自分の物差しで測って事足れりとする態度のことです。


人は「この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える」と思えたとき、愛を実感することができます。


なぜ世界がサブスク化していくかというと「意思決定を省略」できるから。

今の時代、判断に必要な情報が多すぎて脳のキャパを超えてる。

特に「購入の意思決定」は多くの情報が必要で負担が大きい。

情報が加速度的に増える以上、今後も世界のサブスク化は進む。


息子がイジメに遭ったとき

「記録を取ってます。
先生が対応しないなら法律の専門家とか、
警察に相談させて頂きますね」

の一言で学校側の態度はガラリと変わった。


部下を持つということは、誰にでもできる経験ではない。

自分には不向きだと嘆くのではなく、

せっかく巡ってきたチャンスを自分のために生かしてほしい。


人の一〇倍実行し、
五倍失敗し、
二倍成長する


 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です