17年前の2001年3月24日に「Mac OS X」が発売されました







17年前の2001年3月24日、Appleは「Mac OS X 10.0 (Cheetah)」を販売しました。


現在は無料だけど当時は 14800円もしたんですねぇ・・・

で、こちらが埃をかぶってたのを引っ張り出してきた「Mac OS X 10.0 (Cheetah)」のパッケージ(≧∀≦)b!!

写真はパッケージの表と裏です



パカっと開くとこんな感じ・・・


さてさて、「Mac OS X 10.0 (Cheetah)」についてちょっとまとめておきましょう(≧∀≦)b!!


ベースにUNIXを採用、旧Mac OSの技術を融合し、全く新しいOSとして開発されました。

Aquaと呼ばれる独自のユーザインタフェースに夢中でしたねwww


Mac OS X 10.0 (Cheetah)」は、2000年秋にフィードバックを得ることを目的で提供された Mac OS X Public Betaからさらに改良はされていたものの、Mac OS 9に比べ全体的に動作がのろのろ遅く、機能面でも制約が多かったですね。

それでも旧Mac OSと比較して劇的に安定性が向上しました。

おかげで旧Mac OSでは頻発していた爆弾もみなくなっちゃいましたねwwww
むろんMac OS Xから爆弾はなくなってますけどねwwww

左が旧Mac OS時代の爆弾と右がMac OS Xの爆弾にあたるカーネルパニック



あと懐かしいのが Classic環境で、Mac OS 9.2.2を仮想マシンとして動作させる Mac OS互換機能を持っていたので、新規ソフト以外も利用可能でしたが、OSとしての実用度はまだまだ低かった印象ですね^^;

なのでプライベートでは「Mac OS X 10.0 (Cheetah)」をのせた Macを使って、仕事ではそれまで通り Mac OS 9搭載の Macと切り替えて使ってましたね(≧∀≦)b!!

でも・・・

未来を垣間見ていた佳き時代でありましたwww


そうそう、2000年秋に提供された Mac OS X Public Betaを発見したのであとでご紹介したいと思います(o゚▽゚)o








1件の返信

  1. 2018/03/24

    […] 17年前の2001年3月24日、Appleは「Mac OS X 10.0 (Cheetah)」を販売しましたってのはこちらのエントリに書きましたけど、その発売から遡ること約半年前、Mac OS Xをユーザに試用してもらいフィー […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です