MacBookとMacBook Proのキーボード修理プログラム。無償だよ!申し込みはお早めに!







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

Appleがバタフライ構造のキーボード搭載の MacBookおよび MacBook Proの一部に不具合が生じる可能性があるとして、該当するキーボードを無償修理するプログラムを開始したとTechCrunchが紹介していたのでご紹介(≧∀≦)b!!




以下の9モデルが対象・・・

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)


問題の症状は、いずれも新しい構造のキーボードによるもの。

キーを叩いた時に・・・

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね戻らない、または押した時の反応が一定しない


修理プログラムは、以下で受け付けるようです。

  • Apple正規サービスプロバイダ
  • Apple直営店
  • 配送修理 (Appleリペアセンター)


プログラム適用期間は、対象となる MacBookおよび MacBook Proの最初の小売販売日から4年間とのことなので、MacBook (Early 2015) のユーザーさんは急ぎましょうね(≧∀≦)b!!

もし、対象となる修理を有償でやっちゃってるユーザーさんには Appleは返金対応とのことなので、いずれにしても対応機種のユーザーさんはお早めにwww

詳細は以下のリンク先で・・・









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です