アップルとサムスンが特許侵害訴訟で和解 – 7年越しの係争に決着







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

スマートフォンの意匠を巡ってず〜っと繰り広げられてきたアップルとサムスンの訴訟ですが、7年に及んだ法廷闘争に終止符が打たれたと AFPBB Newsさんが紹介していたのでご紹介(≧∀≦)b!!


金額などの和解条件は公表されていないとのことですが・・・

訴訟は2011年に起こされたもので、2012年の陪審評決が認定した10億5000万ドルの賠償金はその後の控訴審などで減額され、2016年に最高裁は控訴審が認定した3億9900万ドルの賠償金の妥当性を再審理するよう連邦地裁に差し戻していたが、先月の評決により、サムスン電子は1億4000万ドルの賠償金上積みを余儀なくされ約5億3900万ドル(約590億円)の賠償が認定されていたそうです。

双方の裁判費用は高額に上り、両者の裁判疲れが和解に導いたかもしれないという見方もあるようです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です