Apple、サポート情報ページ「macOS Mojaveに備える」を公開。対応Macやインストール方法を紹介







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

Appleの公式サイトで、今秋公開予定のmacOSの新バージョン「macOS Mojave」にアップデートするための準備方法がまとめられたサポート情報ページ「macOS Mojave に備える」が公開されています。


macOS Mojave」をインストールできる Macは以下のモデルです。

  • MacBook (Early 2015 以降)
  • MacBook Air (Mid 2012 以降)
  • MacBook Pro (Mid 2012 以降)
  • Mac mini (Late 2012 以降)
  • iMac (Late 2012 以降)
  • iMac Pro (全モデル)
  • Mac Pro (Late 2013、Metal 対応の推奨グラフィックプロセッサ (MSI Gaming Radeon RX 560、Sapphire Radeon PULSE RX 580 など) を搭載した Mid 2010 または Mid 2012 モデル)


ストレージの空き容量は「20 GB」程度の空き容量があれば十分だそうです(≧∀≦)b!!

また、OS X El Capitan 以降の最新バージョンを搭載した Macならバックグラウンドで自動的にダウンロードされるので便利ですよ(≧∀≦)b!!

ちなみに、自動的にダウンロードしたくない場合は、システム環境設定を開いて「App Store」をクリックし、「新しいアップデートをバックグラウンドでダウンロード」を選択解除しておけばOKですよ(≧∀≦)b!!


macOS Mojave」のの新機能などを紹介するプレビューページは・・・









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です