AppleがSF小説『ファウンデーション』シリーズをドラマ化へ #applejp







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

ギズモード・ジャパンさん経由、映画業界サイトのDeadlineによると、Appleが手がけるドラマシリーズの第2弾として。SF作家アイザック・アシモフの代表作『ファウンデーション(銀河帝国興亡史)』シリーズのドラマ版制作の権利をアップルがゲットしたとのこと。


さて、『ファウンデーション(銀河帝国興亡史)』シリーズとは・・・

米国のSF作家アイザック・アシモフが1942年に連載を始めた長編SF小説のシリーズ作品の総称。
後のSF作品に多大なる影響を与えたシリーズです。
邦題は『銀河帝国の興亡』や『銀河帝国興亡史』。
シリーズは全7作からり、栄華を極めた銀河帝国の末期に、人々の行動を数学的に予測する「心理歴史学」を用いて帝国の崩壊を予言した数学者ハリ・セルダンによって秘密結社「ファウンデーション」が設立された。
彼の「セルダン計画」に基づき帝国崩壊後におとずれるさまざまな危機を乗り越え、誕生が予言される「第二銀河帝国」の基礎となることを目指す壮大なSFシリーズ


アップル制作の『ファウンデーション』のドラマシリーズの製作総指揮とショーランナー(現場責任者)は、『ダークナイト』シリーズや近年のDCコミック映画でも知られるデヴィッド・S・ゴイヤーと『サラ・コナー・クロニクルズ』のジョシュ・フリードマンが努めるとのこと。

で、いまの所、計画されているのは10話構成とのこと。

ドラマが完成する前に原作読んでおこうかな(p゚∀゚q)キュキューン









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です