新Apple Watchは画面サイズが15%upで画面解像度も34%up







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

今月13日午前2時(日本時間)のスペシャルイベントで発表がウワサされている「Apple Watch Series 4」の表示面積がアップし画面解像度も大幅にアップされるだろうと報じていたのでご紹介(≧∀≦)b!!


最新のwatchOS 5ベータ内から情報を引き出したそうで、大型の42mmモデルでの画面解像度は「384 x 480 ピクセル」と予想されるとのこと。
ちなみに前世代のSeries 3は「312 x 390 ピクセル」で、ピクセル数だと34%アップするということになります!!

それから、以前の記事ですが「Apple Watch Series 4」の画面サイズは15%アップするとの噂もありましたねwww


先日の自称リーク画像が正しいとするなら・・・

「本体サイズはそのままにベゼルを狭くした分だけ画面を広くする」というアプローチが見て取れるので、「Apple Watch Series 4」は「画面を広くするとともに解像度もアップ」した新設計といえるでしょう!!

具体的な数字では・・・

本体サイズはそのままに「画面サイズが15%up」で「画面解像度も34%up」ということですかね(≧∀≦)b!!


また、興味深いのが、現行のSeries 3とSeries 4との画面の見え方を計算機アプリPCalcで比べていて、解像度の増加がわかりやすく確認できます。


なお、開発者側がこれを修正するのは難しいことではなく、イベント直後に修正ツールを配布すると予測されているそうです。


 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です