iPhone XRのバッテリー駆動時間がiPhone XS/XS Maxよりも長い理由







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

今月の10月19日には iPhone XRも発売され、iPhone XSとiPhone XS Maxをあわせて新型iPhone3機種がすべてで揃うわけですが、3機種のうちバッテリー駆動時間がいちばん長いのがなんと「iPhone XR」なんです!!

そのワケをギズモード・ジャパンが解説されていたのでご紹介(≧∀≦)b!!





ちょっとだけど確かにiPhone XRのバッテリー駆動時間がイイですねww

で、iPhone XRのバッテリー駆動時間が、iPhone XS / XS Maxよりも長い最大の理由は「ディスプレイ解像度の低さ」とのこと。

  • iPhone XR:1792×828ドット、326ppi
  • iPhone XS:2436×1125ドット、458ppi
  • iPhone XS Max: 2688×1242ドット、458ppi

 

解像度だけでなく画素密度も一段違ってますね。

こういった違いでシステムへの負荷も変わり、バッテリー駆動時間に大きな影響を与えているんだそうです。

ちなみにそれぞれのバッテリー容量は・・・

  • iPhone X:2,716mAh
  • iPhone XR:2,942mAh
  • iPhone XS:2,658mAh
  • iPhone XS Max: 3,174mAh

 

iPhone XRは液晶ディスプレイで、iPhone XS / XS Maxは消費電力が低いといわれている有機ELディスプレイなのにこの結果・・・

ディスプレイ解像度の低さ」は想像以上に、バッテリー駆動時間に大きな影響を与えていると思われます。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です