「全国統一スマホデビュー検定」の途中経過 – トップは島根県、最下位秋田県ToT


スポンサーリンク

ども NOBONです:)

スマホに関する正しい知識をクイズ形式で学べる「全国統一スマホデビュー検定」を実施し、現時点でのスマホリテラシーNo.1都道府県は「島根県(正答率約71%)」とのこと。



ソフトバンク株式会社のプレスリリース(2019年2月1日 10時00分)スマホリテラシーNo.1都道府県は “島根県”!? ワイモバイル発!親子でスマホのリテラシー...


この「全国統一スマホデビュー検定」は、子どもが正しい知識をもってスマホデビューすることの支援を目的としたソフトバンクの独自コンテンツで、WEB上で保護者用・子ども用にそれぞれ全14問がクイズ形式で出題される検定です。

2019年1月23日時点で、受検者数が約33,000人(保護者:約15,000名/子ども:約18,000名)を突破した結果、現時点での受検者の都道府県別の正答率トップ3は、島根県(正答率70.7%)、長野県(70.6%)、鳥取県(70.3%)となっています。

逆に正答率の低い都道府県トップ3は、秋田県(62.8%)、石川県(62.9%)、宮城県(64.4%)でしたToT

我が秋田県が最下位(ノ_・、)シクシク


【都道府県別の正答率ランキング】
(上位と下位の5都道府県を抜粋 – 2019年1月23日時点)


「全国統一スマホデビュー検定」は、ワイモバイルの特設ページ(保護者用/子供用)から2019年5月31日まで誰でも無料で受験できます。


ちなみにボクも受験してみました((o(´∀`)o))


がんばれ!秋田県!!

そうそう、中学生の息子にも受けさせてみようっと!!

 



スポンサーリンク




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です