【比較】折りたたみスマホ「Galaxy Fold」と「HUAWEI Mate X」を比較してみた





ども NOBONです:)

いや〜久々にワクワクしちゃうデバイス「折りたたみ型スマートフォン」が、Samsungの「Galaxy Fold」と Huaweiの「HUAWEI Mate X」と相次いで発表されました。

アップルじゃないのがちと寂しいのですが、利用スタイルを根本から変える新機軸といっていいでしょうね。

というわけで、ここではサクッと「Galaxy Fold」と「HUAWEI Mate X」を比較してみたいと思います。

 

両者の大きな違いは折りたたみの機構で、Galaxy Foldは7.3型のディスプレイを内側にして折りたたみ、HUAWEI Mate Xは1枚の大きな8型ディスプレイを外向きに折りたたむスタイルとなっています。

GIFアニメで動きをチェックしてみましょう!!

2機種ともディスプレイは有機ELを採用し、サイズは Galaxy Foldが 7.3インチで、HUAWEI Mate Xは 8インチとなっています。

また、大きな違いとして、Galaxy Foldには「ノッチ」があるのに対し、HUAWEI Mate Xには「ノッチ」はなくほぼ全面ディスプレイとなっています。

両機種共に大画面を生かしたマルチタスク機能は可能で、Galaxy Foldは3アプリを同時に表示、HUAWEI Mate Xは左右の画面に2アプリを表示できるようです。

価格は Galaxy Foldが1,980ドル(約22万円)で、HUAWEI Mate Xが2,299ユーロ(約29万円)と公表されており、どちらも超お高くなっております。
・・・にしても HUAWEI Mate Xは別格の価格のような^^;

以下は、確認できた範囲でスペックをまとめてみました。

 

 Samsung
Galaxy Fold
Huawei
Mate X
画面:外側4.6インチ、縦横比21:9、840×1,960ピクセル・6.6インチ、縦横比19.5:9、2,480 x 1,148ピクセル
・6.38インチ、縦横比25:9、2,480 x 892ピクセル
画面:内側7.3インチ、1,536×2,152ピクセル、縦横比4.2:38インチ、有機EL、2,480x2,200ピクセル、縦横比8:7.1
カメラ6(リアx3/インx2/カバーx1)4(バーに縦並び)
ノッチありなし
プロセッサ7nm 64-bit(8コア)HUAWEI Kirin 980(8コア)
メモリ12GB(RAM)512GB(ROM)8GB(RAM)
512GB(ROM)
外部メモリ非対応最大256GBのNMカード
バッテリー4,380mAh4,500mAh
指紋センサー側面に搭載側面に搭載
デュアルSIM未定対応
5G対応対応
サイズ未定
閉じた状態で厚さ17mm?
閉じた状態:幅 78.3×高161.3×厚さ11mm
開いた状態:幅146.2x厚さ5.4mm
重さ未定295g
OSAndroid 9 PieAndroid 9 Pie
価 格1,980ドル(約22万円)2,299ユーロ(約29万円)
発売日2019年4月26日2019年中期

 

価格はともかく個人てしては「HUAWEI Mate X」に魅力を感じますね(p゚∀゚q)キュキューン

ちなみにアップルも特許は出願しているようなので、いずれは「折りたたみ型 iPhone」を発表するのかもしれませんね^^;

折りたたみ版 iPhone のコンセプト画像

 

 







1 thought on “【比較】折りたたみスマホ「Galaxy Fold」と「HUAWEI Mate X」を比較してみた

  1. ピンバック: 【】ウォズニアックが折りたたみiPhone不在に懸念 | 平成鸚鵡籠中記 他 (2019/2/28) #applejp – Blog!NOBON+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です