Appleが2019年1月-3月のウェアラブル出荷台数でトップに – シェア25.8%を獲得





ども NOBONです:)

世界ウェアラブル端末出荷台数の2019年第1四半期(1月〜3月)のデータが発表され、メーカーシェアでAppleが出荷台数トップになっていると iPhone Maniaさんが伝えています。

2019年1月〜3月のウェアラブル出荷台数、Appleがシェア25.8%を獲得


2019年第1四半期(1月〜3月)の世界ウェアラブル端末の総出荷台数は4,960万台、これは前年同期比で55.2%の伸びを記録しているとのこと。

で、メーカー別出荷台数で Appleが1,280万台を出荷しており、シェアは全体の4分の1に相当する25.8%を獲得しています。

1位 – Apple – 1,280万台 – 25.8%
2位 – Xiaomi – 660万台 – 13.3%
3位 – Huawei – 500万台 – 10.0%
4位 – Samsung – 430万台 – 8.7%
5位 – Fitbit – 290万台 – 5.9%


Appleのウェアラブル端末は、Apple Watchだけではなくて、AirPodsやBeatsのヘッドホンなども含まれていて、前年同期の860万台から49.5%増と大きく出荷台数を増やしています。

ちなみにApple Watchのみに限ってみると、出荷台数460万台とのこと。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です