早く来い来い「折りたたみ式iPad」





ども NOBONです:)

早ければ2020年にも「折りたたみ式iPad」を発売するとのステキな予測を 気になる、記になる…さんが紹介していたのでご紹介ですwww


台湾の経済日報によると、市場調査会社のIHS MarkitのアナリストであるJeff Lin氏が、Appleは…


記事によると、折りたたみ式の「iPad」のサイズ感は、折りたたんだ状態で「MacBook」の約半分、開いた状態で「MacBook」とほぼ同じ大きさになるようです。
プロセッサにはAppleの「A」シリーズプロセッサを搭載し、次世代通信規格の5Gにも対応するとのこと。

また、この折りたたみ式の「iPad」のサプライヤー情報も公開されてて、ヒンジは新日興が供給、タッチパネルモジュールはGISやTPK、筐体は可成科技やFoxconnなどの名前が挙げられているそうです。

個人的に、Appleは今後しばらく、iPhoneはストレートタイプにこだわり、アップル初の折りたたみ式は iPadじゃないかと思っていましたwww

だってさ、iPadOSも超魅力的に変貌してきてますし、上の画像からもわかるように「折りたたみ式iPhone」よりも「折りたたみ式iPad」の方が魅力的じゃない??

たとえば、11インチのiPad Proを半分に折ったら、ほぼほぼ iPad miniと同様のサイズですから「MacBook」よりもコンパクトになるわけですからね!

ビックインパクト!!

妄想するだけで
ワクワクですね(p゚∀゚q)キュキューン

で、で、皆さんも妄想して見てください。
電子書籍を見開きモードにしてちょっと折り曲げて・・・あゝたまんない!!

Samsung や HUAWEI に追従して二番煎じに甘んじながら「折りたたみ式iPhone」で更なる価格高騰を招くより、先にも書いたように iPhoneは現行のストレートタイプを貫くことで価格を下げながら、iPadに「折りたたみ式」を採用し、独自技術を開発していく。

で、今後、Samsung & HUAWEI & Xiaomiが先頭となり様々なタイプの「折りたたみ式スマホ」が量産された後、「折りたたみ式」の枯れた技術とAppleらしいクールなデザインをまとった「折りたたみiPhone」を投入すればいいんじゃないかな・・・ずいぶん価格も抑えられるだろうしねwww

いずれにしても「折りたたみ式iPad」が今後のAppleを牽引していくだろうと考えます。

「折りたたみ式iPad」が登場したら、ボクもそろそろ初代iPad Proから「折りたたみ式iPad」へ乗り換えようかしらwww

早く来い来い「折りたたみ式iPad」

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です