新型MacBook Proはバッテリー性能が大きく向上、新型Airはほぼ同等





ども NOBONです:)

先日、突然発売となった新型のMacBook ProとMacBook Air

新型のMacBook Proは、エントリーモデルにもTouch BarとTouch ID、T2チップ、そして第8世代クアッドコアIntel Core i5プロセッサを搭載し、最大2倍の性能を発揮しています。

また、新型のMacBook AirもTrue Toneテクノロジー採用のRetinaディスプレイを搭載しつつも販売価格を14,200円も下げました。

で、その新型MacBook Proのバッテリー性能テストの結果がとても良かったと iPhone Maniaさんが紹介していたのでご紹介です。


  7月上旬に突然発売となった新型のMacBook ProとMacBook Airですが、バッテリー性能テストのスコアでライバル社のコンピュータに大きく勝ったことがわ...

バッテリー性能を計るため、CNETが動画ストリーミングの連続再生時間を計測。

その結果が以下・・・

モデル名 バッテリー駆動時間
Apple MacBook Air(13-inch、2018) 646分
Apple MacBook Air(13-inch、2019) 639分
Apple MacBook Pro(13-inch、2019) 632分
Dell XPS 13(2019) 509分
Apple MacBook Pro(13-inch、2017) 430分

新型MacBook Proのバッテリー駆動時間が202分も長くなってて、バッテリー性能が大きく向上していることがわかりますねwww

ま、新型MacBook Airのバッテリー性能はほぼ同等ってとこですかね^^;

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です