iPhone 12は「iPhone 4のようなメタルフレーム」になるかも

[Apple] iPhone
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

2019年版のiPhone 11シリーズが発売されたばかりですが、早速、来年2020年版iPhone(iPhone 12になるのかな?)のウワサが出ておりますよ。

次期iPhoneのボディデザインが「iPhone 4を彷彿させる新規設計」になるとの予測を 9to5macが伝えています。


Apple analyst Ming-Chi Kuo today reports that the 2020 iPhone lineup will feature a redesigned chassis that is a big departure from the current status quo of curved stainless sides (via MacRumors). Kuo says the new design will be reminiscent to the iPhone 4’s industrial design. We’ve already seen Apple attempt a boxier look with …

記事では、メタルフレームと前面と背面のサファイアガラスという構造はそのままで、メタルフレームの形状が角ばったスタイリッシュなiPhone 4と同様のデザインになるだろうとのこと。

ってことは、iPad Pro(2018)に近くなるってことですかね??

ディスプレイサイズも変更されると予測していて、サイズは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3モデルとのこと。

これは、2019年版の5.8インチ(iPhone 11 Pro)、6.1インチ(iPhone 11)、6.5インチ(iPhone 11 Pro Max)と比べると、小さいモデルはより小さく、大きなモデルはより大きくという変更になりますね。

また、新デザインと5Gサポートが組み合わさることで、iPhoneの出荷台数が2019年の7500万台から、2020年には8500万台に増加するだろうとの予測も掲載しています。

個人的には来年の買い替えを予定しているので、「iPhone 4を彷彿させる新規設計」が実現してくれればウレシいですね(≧∀≦*)ノ

コメント

  1. […] iPhone 12は「iPhone 4のようなメタルフレーム」になるかもども NOBONです:)2019年版のiPhone 11シリーズが発売されたばかりですが、早速、来年2020年版iPhone(iPhone 12になるのかな?)のウワ […]