A5チップが大幅に小型化!更なる省電力化に期待www #applejp


スポンサーリンク

Touch Labさんが、出荷が開始されたばかりの Apple TVのマイナーアップデート版に、これまでとは異なる「Apple A5」チップが採用されており、大幅に小型化されていることが判明したと伝えています。

apple_a5_28nm_process_0

左が2011年にiPad 2で初めて採用された45nmの「Apple A5」、中央が翌2012年に生産された32nmの「Apple A5」、で、右の「Apple A5」がマイナーアップデート版に搭載されている28nmの「Apple A5」

記事によると、45nmから32nmに小型化したとき、それによる省電力化でiPad 2の駆動時間が30%も伸びたんだそうです!

ですので、28mmになったことでさらに省電力化が図られていることでしょう。

更には省スペースかが図られることから、筐体がiPad mini並みの薄さになるとウワサされている次期iPadにも採用されれば、パフォーマンスを殺すこと無く薄型化が実現されるんじゃないかな??

いずれにしても今後のiOSデバイスの小型化、薄型化、省電力化に一役を担う「Apple A5」の登場です(≧∀≦*)ノ

 



スポンサーリンク




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です