2019年の国内携帯・スマホ市場でiPhoneは1,443.2万台出荷でシェア45.4%を獲得しトップ

[Apple] iPhone
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

IT専門調査会社 IDC Japanが、2019年第4四半期(10月〜12月)および2019年通年の国内携帯電話/スマートフォンの出荷台数を発表していたのでご紹介です。

まずは2019年第4四半期ですけど、スマートフォンを含む携帯電話全体の出荷台数は1,033.9万台で、前年同期比3.5%の増。内、スマートフォンの出荷台数は1,026.2万台で、携帯電話市場の約99.3%がスマートフォンが占めるていることになります。

ベンダー別でみてみると、トップはもちろんAppleで528.4万台を出荷しシェア51.1%を獲得。

2位以下は、2位がシャープで104.5万台(シェア10.1%)、3位はソニーで91万台(シェア8.8%)、4位のSamsungが89.9万台(シェア8.7%)、5位は富士通で60.1万台(シェア5.8%)となっています。

それから2019年通年の携帯電話全体の出荷台数は3,176.5万台で、前年比7.5%減。

ベンダー別でみてみると、トップはやはりAppleで1,443.2万台を出荷しシェア45.4%を獲得したものの、前年比8.4%の減。

以下、2位はシャープで423.5万台(シェア13.3%)、3位は富士通で265.8万台(シェア8.4%)、4位はSamsungで250.4万台(シェア7.9%)、5位はソニーで232.0万台(シェア7.3%)の順。

記事ではまとめとして、2019年第4四半期は消費税増税と『分離プラン』の導入という大きな出来事が重なったが、iPhone 11シリーズが価格面でも歓迎され、大手通信事業者が下取りプランの提供を開始したりと、マイナスの影響はほぼ乗り越えられたと分析しています。

今年、2020年については5Gのサービス開始という好材料がある一方、新型コロナウイルスにより各ベンダーの生産ライン&サプライチェーンも混乱を招くなどの懸念材料から、消費者のマインドも含めて市場の動向を慎重に見守る必要があるとしています。

コメント