iOS 7から静止画しかなかった壁紙が動的になり、それにともない壁紙のサイズが変更になりましたので、それについてちょっとまとめてみようかと思います。

なぜ、サイズが変わったのか

ズバリ!Parallax Effect(視差効果)が原因!!

パララックス(Parallax Effect)とは・・・
iPhoneを左右上下に傾けるとモーションセンサーを利用して壁紙も動き、奥行き感を演出してくれる、これですね・・・

ユーザーなら誰もが最も見ることになるホーム画面がこんなにステキにwww

この機能を実現するために壁紙サイズが変更されたわけデス!

つまり・・・

これまでは「壁紙サイズ = ディスプレイ解像度」
iOS 7からは「壁紙サイズ > ディスプレイ解像度」

になります。

ですので、コレまで最適サイズとされていた壁紙だと拡大表示されるので、ボヤけた感じになってしまい画質が悪くなってしまうのです。

じゃ、壁紙の最適サイズは??

iOS 6までは「壁紙サイズ = ディスプレイ解像度」とわかりやすかったのですが、iOS 7からは iOSデバイスによってサイズが異なるようになります。

以下にまとめてみましたwww

iPhone 5/5s/5c, iPod touch 5 → 1536 x 1040(1136 x 640)
iPhone 4/4s → 1360 x 1040(960 x 640)
iPad 3/4 → 2448 x 2448(2048 x 2048)
iPad 2/mini → 1424 x 1424(1024 x 1024)

単位はピクセルで、( )内はこれまでの最適サイズ。
ちなみに iPhone 4は視差効果非対応。

パララックス対応壁紙配布サイト

Free iOS 7 | parallax wallpapers & more

20 parallax iOS 7 wallpapers for iPhone ready to download for your viewing pleasure – The Next Web

Parallax Wallpapers

Wallpapers of the week: parallax ready walls for iOS 7

パララックスの設定・解除方法

このパララックス(Parallax Effect)対応壁紙の設定・解除は以下の手順で簡単にできるよ(´ω`)b

設定アプリを開いて「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」をオン・オフ


さて、これからパララックス壁紙の収集に精を出すとしましょうかww
ちなみにアニメーションするダイナミックの壁紙は、今のところ自分で用意することはできないようです。

skitched-20130924-221002
永久保存版特別号 WIRED×STEVE JOBS (GQ JAPAN2013年11月号増刊)




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です