【Kindle】小池・池上による劇画作品「クライングフリーマン」が各巻33円。全9巻[まとめ買い]でも297円!!!




この機会を逃すでないぞぉ!!!

原作:小池一夫、作画:池上遼一による劇画作品!!

主人公はマッチョな男性ではなく、
人を殺す度に涙を流すナイーブな殺し屋、クライング・フリーマン。
チャイニーズ・マフィア「百八竜(ハンドレッド・エイト・ドラゴン)」の
長となったクライング・フリーマンが
組織と妻を守るため襲い来る敵を撃退していく、
エロス満載のアクション活劇!!!!!


Kindleストアで超破格の 1冊 33円!!!!!
全9巻を一気にまとめ買いしても 297円!!!!!

[まとめ買い] クライングフリーマン Kindle版
9冊すべての本を購入 ¥ 297

この価格がいつまで続くかわからない!!

気鋭の陶芸家・火野村窯(ひのむら よう)は自らの個展会場であるフィルムを手にする。そこには残忍なチャイニーズ・マフィアである「百八竜(ハンドレッド・エイト・ドラゴン)」の殺人場面が写されていた。フィルムを回収しようとする百八竜は、引渡しを拒んだ窯を拉致し、強力な催眠を掛けて殺し屋に仕立て上げる。殺し屋としてのコードネーム「フリーマン」を与えられた窯は殺し屋としての訓練を受け、自由の象徴として竜の刺青を入れられる。窯は殺しが終わると同時に、己の宿命に涙を流すことから、「クライングフリーマン」とも呼ばれるようになった。

天涯孤独の画家・日野絵霧(ひの えむ)は、香港でフリーマン(窯)の殺人を目撃する。目撃者として殺されることを悟るが、同時に静かに涙を流したフリーマンに思いを募らせるようになる。絵霧は殺しにやって来たフリーマンに、殺す前に抱いて欲しいと願いをぶつける。彼女の願いを叶えたフリーマンは、彼女を愛したため彼女を殺せなくなった。しかしその頃、フリーマンに会長を暗殺された白・・・・

 

Super Mario Run
掲載時の価格: 無料 (最新価格はStoreで確認してください)


ドラえもん(1)
掲載時の価格: ¥440 (最新価格はStoreで確認してください)



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です