【バラし】初代AirMac Base Stationは製品発表が至上命題の製品だった







日本の分解バラし界のカリスマ KODAWARISANが、初代AirMac Base Stationを入手されたってことで早速バラし分解されていたのでご紹介(≧∀≦)b!!


詳細は上のリンク先で確認してもらうとして、はじめてケーブルのないインターネット接続環境を実現した初代AirMac Base Stationは、メイン基板、WiFi用カード、電話用モデムの3つの部品で構成されていたようです。

で、興味深いのは KODAWARISANの指摘で・・・

メイン基板が入るケース(防磁シールド)をクリップ止めしていたり、初代iBookの実績から円形基板も可能だったはずなのに四角い基板が使われていたり、極め付けはWiFi用の部品としてLucent Wavelan Silver 802.11b Wireless Cardの製品版がそのまま使用されていた事などから、初代AirMac Base Stationはケーブル無しのインターネット接続という業界初の製品発表を至上命題とされた製品だったため作り込みの甘い製品になったのだろうとのこと!!

バラし分解でAppleのウラ事情まで見抜くとは・・・
流石 KODAWARISANです!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です