2018年第1四半期、iPhoneの国内スマホ出荷台数シェアは49.4%。ガラケー出荷ついにゼロ







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

いつかはとは思っていましたが・・・ついにその時が来たようです^^;

2018年第1四半期(1〜3月)における国内の携帯電話・スマートフォンの出荷台数が発表され、iPhoneのシェアは48.8%となった一方で、なんと!ガラケーの出荷が「0(ゼロ)」となったと iPhone Maniaさんが伝えています。


IDC Japanが6月7日に発表した2018年第1四半期の国内携帯電話・スマートフォンの出荷台数によると、出荷台数は971万台で前年同期比9.2%増加しているそうです。

メーカー別出荷台数では、Appleは474万台のiPhoneを出荷、前年同期比11.3%増の2桁成長となり、シェアは48.8%で約半分と依然として圧倒的トップップwwwww
2位以下はシャープ、ソニー、京セラ、Samsung・・・

2018年第1四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア


ちなみにスマートフォンの出荷台数に絞ったベンダー別シェアは、以下の通りでAppleは半分に限りなく近い49.4%のシェアを獲得www

2018年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別 シェア


で、びっくりだったのが従来型携帯電話(ガラケー)の出荷台数で・・・

上に掲載の表の合計部分の差がガラケーの出荷台数に当たるので計算してみると、2018年第1四半期(1〜3月)の3カ月間のガラケー出荷台数は「12.2万台」になります。

ところが、これは「キッズ向け」の機能限定モデルで通常の携帯電話の出荷台数をみると実質的に「0(ゼロ)」になってしまうんだそうです^^;

(((( °Д°))))アアアアアアア







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です