日本人発明家が「3D Touch」や「フリック入力」でAppleを提訴







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

米ワシントン州バンクーバー在住の日本人発明家アベ・トシヤス氏が、オレゴン州連邦地方裁判所にAppleを提訴したと iPhone Maniaさんが紹介してたのでご紹介。


アベ氏曰く、iPhoneの「3D Touch」と「フリック入力」が同氏が持つ特許「Keyboard」(米国特許第6,520,699号 – 2003年2月承認)を侵害していると主張しています。

特許の概要は以下・・・

画面上に表示された複数のボタンを有するタッチスクリーン装置を少なくとも含み、各ボタンは複数の文字または機能に関連付けられている。
ユーザがボタンに接触するか、またはタップすると、デバイスは、そのボタンに関連する複数の文字または機能を表示することによって応答する。
・・・
装置は加えられた力および動きの方向を検出することもでき、これによりユーザは指を所望の文字または機能の方に単純にフリックまたはスワイプしてそれによってその文字または機能を選択することができる。



また、アベ氏は2009年に特許侵害を訴える通知をAppleに対し送ったものの合意に至らなかったそうです。

で、2017年リリースの iOS 11が、さらに特許の侵害度合いを深めたと認識し、昨年12月に再度Appleに文書で通知・・・したものの両者の主張は平行線をたどってしまい・・・今回の提訴に至ったとのこと。


日本人なので応援したいんだけど・・・複雑な心境です^^;








1件の返信

  1. 2018/06/22

    […] 日本人発明家が「3D Touch」や「フリック入力」でAppleを提訴 >> Blog!NOBON+ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です