【検証結果】iPadに接続可能な周辺デバイスあれこれ





ども NOBONです:)

WWDC 2019で発表された iOS13 と iPadOS の大きな特徴ともいえるのが、Lightning もしくは USB Type-C から外付けドライブが利用可能となることでしょう。

で、気になるのがどんな周辺機器が接続可能かってことなんですけど・・・

早速、Cult of Macでベータ版とパブリックベータ版で初代iPad Proに様々な周辺機器を接続してみた検証結果が報告されていたのでご紹介ですwww


Q: What can you plug into an iPad running iPadOS/iOS 13? A: Almost anything. I tried everything I could find, including a DVD drive, a printer, and...


以下がその結果を簡単にご紹介です。


【 接続できたデバイス 】

  • 外部電源のハードディスク
  • ポータブルハードディスク(電力消費量が少ない場合)
  • USBメモリ(消費電力量が多いと警告表示)
  • SDカードリーダー
  • Amazon Kindle
  • Elektron Octatrack(サンプラー)
  • Teenage Engineering OP-1(ポータブルシンセサイザー)
  • Teenage Engineering OP-Z(ポータブル16-トラック・シーケンサー)
  • Roland R-07 voice recorder(ボイスレコーダー)
  • 他、Mac接続可能なほとんどのUSB機器類

【 接続できなかったデバイス 】

  • プリンター
  • DVD / CDドライブ
  • Arturia Microfreak(シンセサイザー)

記事では、USB接続のキーボードやUSB接続のオーディオ機器もOKで、プリンタを除いた Mac接続可能なほとんどのUSB機器類が iPadに接続可能と考えてOKと報告されています。

iOS13 と iPadOS は今秋公開予定!!

いや〜 iPadライフが楽しみですな(p゚∀゚q)キュキューン


 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です