最新版「Parallels Desktop」でiPadがWindows液タブとして使えるぞ





ども NOBONです:)

Mac向けの仮想マシン環境ソフトウェア Parallels が、最新バージョン「Parallels Desktop 15」にアップデートされ「macOS Catalina(10.15)」へ対応されているそうです。
Appleの Metal API に対応したことで動作スピードが向上し、プロ向け Windowsソフトのサポートが追加されているそうですよ。


着々と進化しています。Mac向けの仮想マシン環境ソフトウェアの定番ことParallelsが、最新バージョンの「Parallels Desktop ...


で、最上級にスゴイのがですね・・・

macOS Catalinaのサブディスプレイ機能「Sidecar」に対応!!
つまり iPad上の Windowsアプリに Apple Pencilを使用できる!!
もちろんチルトと消しゴムもサポートォォォ!!

こちらがiPad上の Windowsソフトを Apple Pencilで操作している動画です。


これはけっこう衝撃的!!


Parallels Desktop 15」は、他にもBluetooth対応デバイスが追加され、様々なゲームコントローラーが使えるようになっているみたいですよ。


Mac ユーザーに選ばれて No. 1。再起動することなく、Microsoft Office、Internet Explorer、Visual Studio、QuickBooks などの Windows アプリケーションを...


 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です