りんごリンク

【】AppleCareを解約すると日割りで返金されること知ってましたか? | アナザーディメンション 他 (2018/11/28) #applejp

りんごリンク
スポンサーリンク

アップル大好きNOBON厳選の本日摘み取った旬なリンゴの話題をお届け(≧∀≦*)ノ

アップルとIT関連の気になるお話(≧∀≦)b!!





Apple、スマートフォン市場の低迷に直面し、iPhoneの広告支出を5倍に引き上る
スマートフォン市場の低迷に直面して、AppleはiPhoneの広告支出を5倍に引き上げた、とMediaRadarは報告しています 今まで以上に多くのiPhone広告 Appleは伝統的に、広告を通した商品のマーケティングに多額の金額を払うことに慎重でした しかしながら、今年は物事が少し変わったようです Appleは昨年

Microsoft、株式時価総額でAppleを上回り一時的に1位に
Appleは長らく米国企業の株式時価総額ランキングで1位を保ってきましたが、本日、一時的にではあるものの、Microsoftの株式時価総額がAppleの株式時価総額を上回り、1位に躍り出たことが分かりました。 これはAp ...

企業時価総額でAppleが一時的に首位陥落。Microsoftに8年ぶりに抜かれる
とはいえ、どちらも超ハイレベルなんだけどさ…。米国現地時間で26日、Apple(アップル)が企業時価総額トップから一時転落。26日取引終了時点ではAppleがトップの座を取り戻したものの、8年ぶりにMicrosoftに時価総額を一時的に抜かれ、1位をめぐって両社デッドヒートという、大盛り上がりの経済界大ニュースとなり

Googleとアップル「最新スマホでカメラが劇的に進化した」理由(西田 宗千佳)
2017年発売の「iPhone X」から1年、最新の「iPhone XS」では、写真処理技術が驚くほど進みました。ライバル視されているgoogleの「Pixel 3」とも比較しながら、スマートフォン搭載のカメラ機能、写真処理機能を徹底比較します! 進化し続けるスマホカメラと、プロユースの単体カメラの将来展望も。

新しいiPad Pro用アクセサリの進化と技術革新 - 松村太郎のApple深読み・先読み (1)
新しいiPad Proは、Apple PencilやSmart Keyboard Folioなど、専用アクセサリの進化や技術革新も注目できます。従来モデル用のアクセサリからの進化ぶりを、改めて振り返ってみたいと思います。

コダックが3Dプリンター業界に参入。プロスペックだけど卓上サイズ
写真用フィルムでお馴染みのKodak(コダック)ですが、今はCTP(ダイレクト刷版)やインクジェット印刷機などを手がけています。印刷という括りでは3D印刷も同じということなのか、コダックから「ポートレイト3Dプリンター」がお目見えしました。

Apple、12月1日から14日間にわたりApple Storeで無料プログラミング講座の「Hour of Code」を開催
Appleは、2018年12月1日~14日の期間、Apple Store全店舗で無料プログラミング講座の「Hour of Code」セッションを行うと発表しています。Hour of Code「Hour…

JDI、高精細なVRヘッドマウントディスプレイを発売
ジャパンディスプレイ(JDI)は11月27日、バーチャルリアリティ(VR)専用に開発された液晶パネルを搭載した高精細なVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「VRM-100」を開発したと発表した。

アニ文字で表情に合わせてボイスや音響効果が自動で演出されるようになる?
  Appleのアニ文字は、TrueDepthカメラでユーザーの顔をトラッキングし、アバターの表情を変えられるというものですが、新たな機能が追加される可能性が浮上しました。 アニ文字の拡張機能の特許を申請 Ap



スマートライトとスマートリモコンが1つになったIoTデバイス「Stak」が画期的 | Techable(テッカブル)
自宅をスマートホーム化しようとする時にぶつかる壁が各家電の異なる規格だ。スマートライトは問題なくアプリで管理できるのに、赤外線で操作するテレビやエアコンはどうやってスマート化すればよいのか悩む人も多いのでは? Makua...

次期「iPhone」に搭載される「A13」チップのコードネームの詳細が明らかに
先日、Appleが来年に発売すると予想される次期「iPhone」シリーズに搭載される「A13」チップのコードネームは「Lightning(ライトニング)」だとお伝えしましたが、その後、このことを報告していたLonghor ...



こんなデザイン見たことない!地下鉄で目撃されたのはHuaweiの次世代スマホか
  端末のベゼル(周縁部)幅をいかに薄くするかがスマートフォン業界のテーマだとすれば、ディスプレイのアクティブ領域にカメラ用の「穴」を開けるデザインは、ひとつの到達点だと言えるでしょう。こうしたデザインは現在、
スポンサーリンク
スポンサーリンク
( ≧∀≦) シェアシテミル??
Blog!NOBON+

コメント

タイトルとURLをコピーしました