【】2020年のiPhoneは5G対応との予測 どんな世界が待っているのか | ふーてんのiPad 他 (2019/7/30) #applejp

りんごリンク
スポンサーリンク

アップル大好きNOBON厳選の本日摘み取った旬なリンゴの話題をお届け(≧∀≦*)ノ

AppleとIT関連の気になるお話(≧∀≦)b!!



将来のApple製品について、サプライチェーン筋からの情報をもとに性格に予測することで有名なアナリストが2020年のiPhoneは5G通信に対応すると予測しています。5G通信は今年になってアメリカや韓国でサービスが始まっており、日本でも20


まさか、Siriさんまで…。残念ながらAmazon(アマゾン)やGoogle(グーグル)だけでなく、Apple(アップル)もデバイスとの会話を聞い...

Freedy「デュアルワイヤレス充電パッド EA1202WH」レビューです。2台同時充電可能な、ワイヤレス充電パットのホワイト版で、第2世代AirPodsのワイヤレス充電に最適です。iPhone・Androidなどスマホと同時に充電できるので、充電器やケーブルが減りデスクがスッキリするのがよかったです。

Amazon クーポンコード / FREE1000


Windows Centralによると、「Microsoft Edge for Mac」の開発ビルドが「Rea…

DigiTimesが、Appleが今秋に発売すると噂の16インチの新型「MacBook Pro」の製造をQua…

Appleでデザイン最高責任者(CDO)を務めるジョナサン・アイブ氏が、Appleを退社することが明らかになりました。松村氏は、アイブ氏が退社を決意した背景には、昨年投入したiPad Proの存在があると分析します。

毎週恒例のBCN+Rさんの「スマートフォン週間売れ筋ランキング」のご紹介です。 今回は、2019年7月15日~7月21日の集計分です。 今回も「iPhone 8」が、Softbankとauでトップ2を獲得しています。 さらに、「iPhone 6s」がトップ10に2モデルランクイン。 安いからだとは思いますが、「iOS 14」では、サポートされないかもしれないので、どれくらいの期間使うかのか、というのことも考えて購入した方がいいかもしれません。 最近不調だったdocomoですが、今回はトップ50内にランクインしている4モデルのiPhone全てが、ランクアップしていま...

  今秋発売と噂の16インチMacBook Proは、画面周囲のベゼルを狭くすることで15インチと同じ本体サイズを実現し9月に発売される、と台湾メディアDigiTimesが報じています。 本体サイズは15インチ

Appleが、Apple Storeにて、教師向けサマーセッション「新しい学びの可能性を見つけよう」を開催すると案内しています。 「ア⁠ー⁠ト⁠ラ⁠ボ - 教⁠職⁠員⁠向⁠け⁠:ス⁠ケ⁠ッ⁠チプ⁠ロ⁠ジ⁠ェ⁠ク⁠ト」「フ⁠ォ⁠ト⁠ラ⁠ボ -...

半導体大手のインテル(NASDAQ:INTC)は25日木曜夕方、第2四半期(4月~6月)決算とアップル(NASDAQ:AAPL)へのモデムチップ事業売却を発表しました

AppleがApple表参道のリニューアルについてアナウンスしています。 「ストア内の一部リニューアル中」として、営業を続けながらリニューアル工事が行われています。 完成時期は明らかにされていません。 公式サイト:表参道 - Apple Store - Apple(日本) またApple Storeの公式サイトでは、「2019年予定」として、新たなビジュアルイメージがふたつ公開されています。 新店舗のオープンか、既存店舗のリニューアルが年内に行われると思われます。 お近くのApple Storeを探す - Apple Store - Apple(日本) ニュース解説 Apple表参道...

macOS Catalina 10.15 は64bitシステム macOS Catalina 10.15 は64bitシステムで、32bitのサポートはないことから32bitアプリケーションは動作しないことを意味します Adobeは、64bitへの移行が完了していないデベロッパーの一つです 9月のmacOS Catalina 10.15 のリリースに合わせてアップデートしリリースする必要があり、ブログでLightroomとPhotosh...

  開発者向けに公開されたばかりの、iOS13ベータ5とiPadOSベータ5での主な変更点をまとめてご紹介します。 iOS13ベータ5とiPadOSベータ5の変更点 Appleは現地時間7月29日、iOS13ベ








その他の気になるネタ(≧∀≦)b!!



またしても批判の嵐にさらされている。野球評論家の張本勲氏が28日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」に出演。大船渡(岩手)の163キロ右腕・佐々木朗希投手が夏の甲子園出場をかけた県大会決勝で登板を回避して花巻東に敗れたことに対し、次のように舌鋒を向けたからだ。

令和の初となる甲子園は、最速163キロ右腕の大船渡高校・佐々木朗希(ろうき・3年)投手の独壇場になるかと思われた。だが、岩手県大会決勝を肘の違和感から登板回避。「令和の怪物」の夏はあっけなく終わった。…

 日に日に信頼が高まっている、そんな印象を抱かせる光景だ。  現地時間7月29日、レアル・マドリーは北米遠征後で初となるトレーニングを実施した。翌日に控えたアウディ・カップ準決勝、トッテナム・ホッ...

コメント