【】スティーブ・ジョブズの死から8年、Appleティム・クック現CEOが追悼Tweet | 小龍茶館 他 (2019/10/7) #applejp

りんごリンク
スポンサーリンク

【】りんごリンクとは・・・

このブログの管理人であるApple大好き NOBON が厳選する
本日摘み取った旬なリンゴの話題をまとめてお届けするリンク集です(≧∀≦*)ノ

おたのしみくだしゃい:)


▼▼▼ AppleとIT関連の気になるお話(≧∀≦)b!!



Appleの共同創業者でカリスマだったスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)の死から8年が経ちました。AppleのCEOをジョブズから引き継いだティム・クック(Tim Cook)CEOは毎年追悼Tweetを出していますが、今年のも格別なものでした。


またしてもiPhone SE 2に関する情報が出てきました。今度はAppleの新製品情報の予測で実績があるアナリストのレポートが発端となっており、かなり信憑性の高い情報ではないかと見られますが、一部不可解な部分もあります。日経の情報と同じア

Appleの新しいiPhone 11 Pro Maxは、Consumer Reportsのスマートフォンランキングでトップの座を獲得、またiPhone 11 Proも2位を獲得しています Consumer Reportsは、新しいiPhone 11 Pro Maxが昨年のiPhone XS Maxよりも多くの改善点をあげています 最高のバッテリー寿命 バッテリー寿命テストでは、iPhone 11 Pro Maxは40.5時間続き、iPh...

状況に詳しい情報筋によると、Appleは需要が高まった後、iPhone 11シリーズの生産量を前年比で800万台増やしたと伝えられています 需要の増加は、予算重視のバイヤーをもたらしたiPhone 11ラインの平均より低いコストに起因する可能性があります。AppleのCEOであるTim Cookは、特に日本や中国などの国では価格が要因であることを以前に認めていました 2018年のiPhone XRの開始価格749ドルと比較して、新しいi...



わが家のトイレの壁にある歴代iPhoneの分解バラしフレームのディスプレイを更新した。 フレームに入った iPhone 2G から iPhone 8 歴代モデルの分解バラしアート作品。 あと 製作中の iPhone X を追加してコンプリートとすることにした。

本日、Appleが、「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プ…

INDEXApple「メール」アプリに多くの新機能1. クイックアクション2. 刷新された返信メニュー3. カラーでフラグを選択、Macとも同期4. 書式設定と添付ファイル用の新しいツールバー5. リッチテキスト形式の追加6. デフォルトのフォントの変更7. フォントサイズの変更8. メールのスレッドをミュートする9. ミュートされたメールの処理方法を選択できる10. 連絡先を受信拒否してメールをゴミ箱に送る11. 着信拒否した連絡先か...

9月28日のApple福岡移転リニューアルオープンから1週間経ちました。 移転により、所在地以外に変わった点があるので、以下に挙げてみます。 店名 これまでの「Apple福岡天神」から「Apple福岡」へと店名が変わりました。 従来のApple Storeの店名は、「札幌」の例外はあるものの、「仙台一番町」「心斎橋」「名古屋栄」「福岡天神」のように、市町村名ではない地名・街の名前が付けられてきまし

  フランスの経済紙のインタビューに答えたAppleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、Appleに新しい仮想通貨を作る計画はないことを明らかにしました。 通貨というものは国が管理すべきもの 3カ月前、

  アプリ開発企業Blixが、新しいシングルサインオン「Appleでサインイン(Sign in with Apple)」が同社の特許を侵害しているとして、Appleを提訴しました。 「メールアドレスを隠す機能は

iOS 13とiPadOSでは、テキスト入力をサポートする新しいジェスチャー操作が追加されています。 3本指でピンチ操作すると、コピー、カット、ペーストができます。 同じく3本指で画面をスワイプすると、編集の取り消し・やり直しができます。 3本指ピンチでコピー・カット・ペースト ▲ 3本指でピンチクローズ(指を閉じる)操作をすると、選択しているテキストをコピーします。 ▲ 3本指でピンチクローズ(








▼▼▼ その他の気になる話題(≧∀≦)b!!

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(43)【司令塔】西武・古田敦也 前編(前回の記事はこちら>>) 四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。 1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、黄金時代を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ1…

コメント