iPhoneのカメラの出っ張りがなくなるかも?Appleが新特許を取得

[Apple] iPhone
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

iPhone 11シリーズでカメラの出っ張り具合がずいぶん和らいだとはいうものの、あいかわらず出っ張っています。

やっぱり、アップルも良しとは思っていなかったようで、出っ張りカメラ脱却に向けた特許を取得したようです。


Apple is trying to improve the image quality of its iPhone cameras even more and cut back on the external camera bump at the same time, by researching the use of a periscope-like lens assembly inside the body of the iPhone.

今回、米国特許商標庁から付与された特許は「5つの屈折レンズを備えた折り畳みレンズシステム」と「3つの屈折レンズを備えた別のレンズ 」というタイトルの特許で、このカメラ構造を使えば、出っ張りを抑えながらもセンサーやレンズ間の距離確保も可能です。

このペリスコープ(潜望鏡)タイプのカメラであれば、従来のiPhoneカメラの出っ張りはもちろん、本体の厚みも薄くできるかもしれません。

もしかしたら出っ張りがなくなる??

面白いのは、今回の特許は、望遠レンズはもちろん広角レンズも視野に入れているのです!!

もしかしたらウルトラスーパー超広角カメラ実現??


コメント

  1. sugari より:

    潜望鏡式って、前からディマージュXtとかコンデジでは珍しくないけど特許取れるのかな?
    「携帯電話用部品」とかの括りなら取れるのかな?