Apple、より強力なパスワード作成と管理が可能なアプリの開発を目指すオープンソースプロジェクト「Password Manager Resources」を立ち上げる

[Apple] 総合
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

2020年6月5日、Appleが「さまざまなウェブサイトと互換性がある、一意で強力なパスワードを作成できること」を目標に、開発者向けてパスワードの作成と管理が可能なアプリを開発するためのオープンソースプロジェクト「Password Manager Resources」を立ち上げたとGIGAZINEさんが紹介しています。

Appleは、従来の「iCloudキーチェーン」や「Safariのパスワードマネージャー」よりも強力なパスワード作成に求められる機能として、以下の3点を挙げています。

  • ウェブサイトから提示される特定の要件と互換性のあるパスワードを生成できる。
  • apple.comとicloud.comのように、同じ資格情報を使用することがわかっているウェブサイトをグループ化し、資格情報を共有できる。
  • ウェブサイトのパスワード変更ページに直接誘導をかけることができる。

これらを実現するため、AppleはGitHubで、各ウェブサイトの要件を共有するプロジェクト「Password Manager Resources」を立ち上げたとのこと。

また、Appleは、Password Manager Resourcesの利点について以下のように述べています。

  • 開発者がリソースを共有することでより少ない作業量でパスワード管理アプリの品質を向上できる
  • ウェブサイト固有の動作を公開して文書化することで、ウェブサイトが新しいパスワードマネージャーとの互換性を向上させる
  • パスワードマネージャーの質を向上させることでユーザーの信頼を向上させ、誰にとってもメリットがある

パスワード絡みは一見地味だけどメインストリームと言っていい分野でしょうから、この動きには注目したいですね(≧∀≦)b!!

コメント