Apple、MacのプロセッサをIntelから自社製「Appleシリコン」への移行を発表

[Apple] Mac
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

ハードの発表はなかったWWDC2020でしたが、Macを自社製チップ「Apple Silicon」に移行するというのは、ある意味、最も革新的なハードの内容と言っていいでしょう!!

Appleにより設計された「Appleシリコン」は、Mac向けのシステムオンチップで、Macの業界最高レベルの電力管理、高度なセキュリティ、高性能CPUコア、高性能GPUなどが提供され、Neural Engineにアクセスできるため機械学習を使用するための素晴らしいプラットフォームになるとのこと。

この移行により、すべてのアップル製品に共通のアーキテクチャが確立され、開発者がエコシステム全体に対してアプリを作成および最適化することがはるかに容易になるほか、開発者は初めて、iOSアプリとiPadOSアプリを変更せずにMacで利用できるようにすることができまるそうです。

「Apple Silicon」搭載Macには、Intel Mac向けのアプリを動作させるための「Rosetta 2」も用意されているほか、iPhone/iPadアプリもサポートし、Mac App Storeからダウンロード可能とのこと。

最初のAppleシリコン搭載Macは年末までに出荷予定とのことで、その後、約2年をかけて移行を完了する予定。また、新しいIntelMacの発売も予定しているそうです。

また、APPLE LINKAGEさんによると、新しいmacOS Big Sur搭載アプリは全てAppleシリコンネイティブ(対応)で、Final Cut ProやLogic Proといったプロ向けアプリも対応しているとのこと。

それから、MicrosoftのOffice for Macや、AdobeのLightroom、PhotoshopなどもすでにAppleシリコンベースのMacに最適化されているとのことです。

コメント