Apple SiliconでもParallels Desktopで仮想OS環境が使える! …ってことは、iPad上でWindowsが走る未来がやって来る!?

[Apple] Mac
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

ギズモード・ジャパンさんに記事を読むまでまで完全に見落としてたんですけど、Apple Silicon(アップルシリコン)はiPadにスゴイ可能性をもたらすかもしれないと指摘されています!!

まず、最初のAppleシリコン搭載Macは年末までに出荷され、その後、約2年をかけて移行を完了する予定と発表されました。

で、既存のアプリは用意される「Universal 2」や「Rosetta 2」で動かすことができ、基調講演の中ではいくつか互換性を示すデモが流され、その中にApple SiliconのMac上で「Parallels Desktop」の仮想環境でLinuxを走らせている様子が紹介されていました(動画の1時間41分55秒〜)

WWDC 2020 Special Event Keynote — Apple

記事によると、コレはApple Siliconを搭載したMacで実行できる「Parallels Desktop for Mac」の次期バージョンのプロトタイプデモとのこと。

さ、ここからがギズモードさんが指摘されてる肝ですよ!!

記事では、ものすごく希望的観測と前置きしつつ・・・

ARMなApple Silicon(Apple A12Z)で、Parallels Desktopが走るなら、ひょっとしてiPad上でもWindowsが仮想化されて走る未来がやってきたりしちゃいます?

ギズモード・ジャパン

アリでしょ!絶対アリでしょ!!

ますますMacBookとiPadの境目がなくなりそうだけどコレは期待したい!!

コメント

  1. JN より:

    そう簡単でも無さそうですよ。
    https://taisy0.com/2020/06/25/122960.html

    • NOBON より:

      コメントありがとうございます
      やっぱそうですよね^^;
      でも、winが走ったら楽しいだろうなぁ
      msさんがARM版WinをOfficeとバンドル販売してくれたら・・・