Apple Glass関連特許「プライバシースクリーン」が公開される。何も表示されていないiPhone画面をメガネ越しに操作可能

[Apple] 総合
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

Appleが開発中とウワサされている「Apple Glass」ですが、装着者のみが見える「プライバシースクリーン」をiPhone上に表示する機能を検討していることが、米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許情報から判明したとiPhone Maniaさんが紹介しています。

公開された特許「プライバシースクリーン」とは何ぞやってことですけど・・・

現在わたしたちは、iPhoneの画面を周囲の人から見られないようにとプライバシーフィルターやプライバシーフィルムなどを画面に装着しますよね。

この状態を「Apple Glass」の装着によって実現するというもので、「Apple Glass」を装着しているユーザーが画面に何も表示されていないiPhoneやiPad、Macを見ると、拡張現実(AR)であたかもそこに画面が表示されているように再現される機能とのこと。

シチュエーションは違いますが、下の写真ではiPadの何も表示されていないスクリーンをiPhoneに映し出すと拡張現実(AR)でホーム画面が再現されています。

この状態できちんと操作ができるとしたらスゴイですよねww

でも、「プライバシースクリーン」が実現されたら、周囲の人間には何も表示されていない画面を操作しているワケですから、ちょっとお間抜けかもww

また記事では、ディスプレイの輝度を上げて見やすくする必要がなくなることで、バッテリー消費も抑えられる他、単に現在と同じiPhoneやiPadの画面が表示させるようにするだけではなく、コントロールボタンなども表示させることで、操作性の改善にも結びつく可能性があるだろうとのこと。

おまけ

最近の「Apple Glass」関連エントリ・・・

コメント