Apple Glassesの特許は、あらゆる表面が仮想タッチインターフェイスになる可能性を示唆しています

[Apple] 総合
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

現地時間2020年7月21日、米国特許商標庁(USPTO)で公開された特許情報から、Apple Glassesで色々なものを仮想デバイスに変えてしまう機能を研究しているようだとiPhone Maniaさんが紹介していたのでご紹介です。

Appleが取得した特許の内容とは・・・

「1番目と2番目のタッチ操作を検出するための方法とデバイス」は、ユーザーが何かをタッチした際に、その場所がユーザーの体温で温かくなることを利用し、それを検出することで拡張現実(AR: Augmented Reality)におけるタッチ操作を判別する

https://iphone-mania.jp/news-302389/

図にするとこういうことのようなのですが・・・

いまいちよくわかりませんToT

MacRumorsのコメント欄にとてもわかりやすいGIFアニメが貼られていましたww

うまくいけば、こういうことのようです!!

ARと赤外線映像の組み合わせが
ボクのワクワクを増幅させてくれます((o(´∀`)o))ワクワク

コメント

  1. […] Apple Glassesの特許は、あらゆる表面が仮想タッチインターフェイスになる可… 2020年7月23日(木曜日)のリンク – […]