ティム・クックCEO「App Storeで開発者に不利な条件の押し付けはあり得ない」と米国議会公聴会に先立ち準備書面で反論

Tim Cook
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

先日、現地時間7月29日正午にティム・クック氏らGAFAのCEOが米国議会公聴会で証言予定だって紹介しましたけど、そに先立ってクック氏がApp Storeが独占状態(不正な競争)にあるとする批判に対して準備書面で反論をしているとiPhone Maniaさんが伝えています。

日本時間では30日午前1時なんですけど、アメリカ下院の独占禁止法について審議する公聴会にはGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)のCEOが呼ばれており、その影響力を背景に、取引業者などに対して不公平な取引を強いていないかを審議することになっています。

で、それに先立ちティム・クックCEOはAppleの立場を準備書面で表明。

その書面の中でクック氏は「事業を行うどの市場でも支配的なシェアを持っていない」と主張し、「App Storeで開発者に不利な条件の押し付けはあり得ない」と、Appleが反競争的な行動をとっていることを真っ向から否定しているとのこと。

しかし、公聴会に出席する下院議員は、Appleの不公正な振る舞いが多数見受けられると主張し、審議がどのような結論を得るのかによってはApp Storeだけでなく、Appleのビジネスモデル全体が修正される可能性もあり得ることから、Appleにとって公聴会は簡単に終わるものではなさそうだと記事では締めくくっています。

いずれにせよ公聴会の成り行きは注視が必要ですね^^;

なお、公聴会の様子は米国下院司法委員会のWebサイトやYoutubeで、現地時間7月29日正午(日本時間30日午前1時)からライブ配信されるようですww

Online Platforms and Market Power, Part 6: Examining the Dominance of Amazon, Apple, Facebook, and G

コメント