2020年コロナ禍のなか、日本人が所持していたスマホアプリは約103個、実際に使ったのは38個

WEB / IT
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

スマホのアプリに関する面白い調査をiPhone Maniaさんが紹介していたのでご紹介です。

iPhoneに限ったものではないのですが、どんな調査かと言いますと・・・

フラー株式会社によるアプリ分析サービス「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積したアプリの利用データ(2020年1月〜12月)を集計・分析した「モバイルマーケット白書 2020」で、コロナウイルス感染拡大による急速なインドア・オンライン化が浮き彫りにされています。

モバイルマーケット白書2020は下記の特設ページから無料でダウンロード可能です。

「モバイルマーケット白書 2020」の一部をご紹介すると・・・

日本人の所持するスマホアプリの平均所持数は約103.4個

白書によると、スマホユーザー1人当たりの平均所持・利用アプリ数は、2020年の日本人は103.4個のスマホアプリを所持しており。そのうち実際に利用しているのは38.5個とのこと。
ちなみに、平均所持アプリ数は前年比9.5個増となり、平均利用アプリ数は前年比0.5個増とのこと。

ボクのiPhoneには129個のアプリが入ってたヽ(´▽`)ノ

巣ごもり需要でショッピングアプリが大成長

2020年は新型コロナウィルスによる巣篭もり需要を受け、ショッピングカテゴリの1人当たり平均所持アプリ数と利用アプリ数が大きく伸長しています。
上位3アプリ(Amazon、楽天、メルカリ)のカテゴリ内でのMAUシェアは38%を占めています。

目次を見ると、この他にも興味をそそる項目が並んでいるので、無料ということもあり、興味のある方は「モバイルマーケット白書 2020」を入手されてみてはいかがですか??

モバイルマーケット白書2020・目次
#1 モバイル市場概要
 1) 月間平均所持アプリ数
 2) 月間平均利用アプリ数
#2 モバイルアプリカテゴリ別分析
 1) 所持および利用アプリ数
 2) ゲームカテゴリ詳細
#3 モバイルアプリカテゴリ総論
 1) 全カテゴリのうち、各カテゴリのMAU比率
 2) カテゴリ別MAU TOP10アプリの市場占有率
#4 モバイルアプリユーザー総論
 1) 性別・年代別ユーザー詳細分析
#5 パブリッシャー別調査
 1) 主要パブリッシャー分析
 2)主要ゲームパブリッシャー分析

コメント