WWDC21で発表されたお気に入り機能 10選

[Apple] 総合
スポンサーリンク

Appleは現地時間6月7日(日本時間8日)に開幕したWWDC21(世界開発者会議)の基調講演で、各Apple製品の次期バージョンとなる「iOS 15」「iPadOS 15」「macOS Monterey」「watchOS 8」「tvOS 15」を発表しました。

期待されていたハードウェア新製品の発表はありませんでしたが、ま、本来通りということでしょう。

で、各次期OSはそれぞれ、開発者向けベータの提供が開始され、パブリックベータ版は7月、一般リリースは2021年秋を予定しているとのこと。

詳細については、各種メディアやブログさん等々でご確認していただくとして、ここではボクが気になった機能をいくつか簡単にご紹介いたしたいと思います。

iOS 15

ID cards

「iOS 15」でウォレットアプリが進化。デジタル身分証明書をiPhoneに保存できるようになります。当初は米国の一部の州で運転免許証をサポートし、既存の運転免許証をiPhoneでスキャンすることで利用できるとのこと。

このデジタル身分証は、各種クレジットカードなどと同様にウォレットアプリ内に保管されます。米国のTSAとも連携し、空港でこのデジタル身分証を提示すると、飛行機へ搭乗する際のセキュリティチェックの一部を済ませられるそうです。

Apple Maps(マップ)

Apple Maps(マップ)は、2年前に提供を開始した新しいマップをベースにし、より詳細な地図、交通機関利用者のための改善、AR体験など、さまざまなアップグレードが行われた。
商業地区、マリーナ、ビルなどの詳細情報が新たに追加され、さらには、標高、新しい道路の色とラベル、そして何百ものカスタムデザインされたランドマークといったものも追加される。
新しい夜間モードとして「moonlit glow(月明かりグロー)」モードが追加された。
また、重なり合った複雑なインターチェンジなどを3D空間で表現し、今後の交通状況や車線の確認をより容易にするとのこと。
それから、駅を出たときにiPhoneをかざして周辺の建物をスキャンすると、マップが正確な位置を検出し、AR(拡張現実)で方向を提示することができるようになるそうです。

ライブテキスト翻訳
Live Text translation

現在のところ、Live Text は、英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語の 7 つの異なる言語を理解します。

また、システム全体の翻訳により、タップするだけで翻訳できます。

iCloud+

iCloudもアップデートされ、既存の有料iCloudユーザーは同じサブスク価格でiCloud+を利用できるそうです。

Private Relay

Private Relayがオンになると、あなたのブラウジング履歴を誰も追跡できない。
デバイスからのトラフィックが確実に暗号化され、あなたのデバイスと、情報をリクエストするサーバーの間に介在するインターネットサービスプロバイダーも追跡できない。

Hide my email

ニュースレター購読を申し込むとき、あるいはウェブサイトでアカウントを開くとき、ランダムな電子メールアドレスを作成できる。

ストレージの管理がさらに柔軟に

iOS 15ではデータ移行の際に一時的にストレージ容量を拡張してくれる。
この機能では最大3週間にわたって一時的にバックアップに必要なストレージ容量が付与され、アプリやデータ、設定をスムーズに移行することが可能になります。
もちろん無料!!

スポンサーリンク

macOS Monterey

Safari

Apple謹製のブラウザ「Safari」も大きくイメチェン!
URLバーがタブ名に同梱されました。、今までタブ名とURLとで2行だったブラウザのヘッダー部分が、とてもコンパクトな一行表示に一新されました。
複数タブをブックマークのフォルダ分けのようにグループ化する新機能「タブグループ」も便利そうで、管理されたタブグループは、Mac、iPhone、iPadなどのデバイス間でも同期しますww

Universal Control(ユニバーサルコントロール)

macOSおよびiPad OS搭載機種間で、1組のキーボードとマウス(トラックパッド)を共有できるというもの。つまり、別々のマシンを1組のキーボードとマウスでシームレスに操作できるちゃうんです!!
共有するマシンが同一のApple IDでiCloudにサインインしていれば、隣に近づけるだけで使えるようになります。

しかも、デバイス間でのドラッグ&ドロップもできるぞ!!

iPadOS 15

マルチタスキング

画面上部には新しいコントロールボタンが表示されるようになり、タップするとマルチタスクメニューが表示されます。小さなアイコンの左がフルスクリーン、真ん中がSplit View、右がSlide Over。

Safariに拡張機能

MacのSafariで使える拡張機能が、iPhoneとiPadでも使えるようになります。地味ながらこの進化はスゴイ!!

コメント