AppleはGoogleのサーバーに80億ギガバイトも保存している

WEB / IT
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

Googleは多くの企業に対してクラウドコンピューティングサービス「Google Cloud」を提供していて、Appleもその「Google Cloud」を利用する企業の1つです。

で、GIGAZINEさんがAppleが「Google Cloud」をどのくらい確保して、どのくらい支払っているのか紹介していたのでご紹介です。

記事によると、2020年11月、Appleが「Google Cloud」上にユーザーのデータを保管するために新たに470PB(ペタバイト)のストレージを確保したそうで、合計ストレージ容量はなんと8EB(エクサバイト)にも達しているそうです。

ちなみにEBエクサバイト)とは、情報量を表す単位です。

  • ビット(Bit)
  • バイト(Byte)
  • キロバイト(KB)
  • メガバイト(KB)
  • ギガバイト(GB)
  • テラバイト(TB)
  • ペタバイト(PB)
  • エクサバイト(EB)

1EBを単位変換すると、どんだけすごい単位なのかわかります。

  • 100京バイト
  • 1,000兆キロバイト
  • 1兆メガバイト
  • 10億ギガバイト
  • 100万テラバイト
  • 1,000ペタバイト

また、AppleはGoogle Cloudに2020年から50%増額した3億ドル(約330億円)の資金を費やす予定とのこと。

それから、面白い情報も掲載されてて、現時点でAppleはGoogle Cloudの最大の顧客とのこと。

2番目に多くの容量(470ペタバイト)を契約しているはTikTokのByteDanceで、3番目はSpotifyの契約容量(460ペタバイト)なんだそうです。

どちらの企業もものすごい契約容量ですが、Appleと比較しちゃうと・・・ちょっと少なく感じちゃいますね^^;

それから、AppleはGoogleだけでなくAmazonが展開するクラウドコンピューティングサービスAmazon Web Services(AWS)もデータの保存先として利用しているとのことですよww

コメント