もし1991年にiPhoneを製造してたら3.5億円!その内訳は? #iphonejp





もっとiPhoneを大切にしなきゃって思っちゃった^^;

もしも1991年に戻って現在の iPhoneを製造すると、そのコストは $3.5 Million(3億5000万円)になると Agile Catさんが紹介されていました。

で、その内訳は・・・

  • GB flash memory: 1991年当時は $45,000 だが、いまは $0.55 だ。
  • したがって、32GB のフラッシュ・メモリの総額は、なんと $1.44 Million(1.45億円)になる。
  • Apple’s processor: 1秒あたり 20,500 回のインストラクションを生み出すには、1991年当時で $620,000 のコストを必要とした。
  • Cost of mobile communication : 1991年には、kilobit/秒で $100 だった。
  • いまの iPhone は 15Mbps のレンジなので、15,000Kbps (15Mbps) x $100 = $1.5 Million となる。

つまりは、「フラッシュメモリ32GBが1億4500万円」と「A7チップが6200万円」と「モバイル通信費が1億5000万円」を合わせて「約3億5000万円」ということのようです。

この総額には、Camera/OS/Display/Apps/Motion Detectors が含まれないとのこと。

もちろん、この算出方法に異論が有る方もおられるでしょうが、とても斬新な切り口で面白いと思うww

ま、当時、本当にこんだけのお金を出したところで現在のような手のひらに収まるサイズのiPhoneになったとは思えませんが(*´艸`)キャ

手元にあるiPhoneが3億5000万円だと思うと・・・
裸族で使ってるボクってどんだけチャレンジャーなのか・・・

皆さんも傷つけたり失くしたり壊したりしないよう
大切に大切にお使いください(≧∀≦*)ノ

USBライター コンパクト【アダプタ一体型】合皮 ゴージャス アップルロゴ入り 2色あり USB充電 ガス不要 風に強い 並行輸入 (ブラウン)
USBライター コンパクト【アダプタ一体型】合皮 ゴージャス アップルロゴ入り 2色あり USB充電 ガス不要 風に強い 並行輸入 (ブラウン)

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です