東芝が経営悪化でフラッシュメモリ事業の売却を検討していて、Apple、Google、Amazon、Foxconn、Micron Technology、Western Digitalなどが争奪戦に名乗りを上げていると先日お伝えしました。


で、その続報として、台湾の半導体メーカーの TSMCが、東芝のフラッシュメモリ事業の入札競争から撤退する構えを見せていると、iPhone Maniaさんが伝えています。


TSMCといえば iPhone向けチップを独占的に生産している台湾の半導体メーカー。

米国勢に比べ魅力的な額を提示できないことや、新たにメモリ事業に参入した後の不透明性などが原因とされているようです。


また、また東芝メモリ事業争奪戦には、すでにシャープを子会社しているFoxconnも参加しているワケですが、「最大3兆円の入札を提示する用意がある」と伝えられているものの、日本政府から「国防上の問題」で締め出しを食らう可能性もあるとのこと。

日本政府は米国勢の方が「より好ましい」入札者とみているようです。


Appleの「Samsung依存からの脱却」に一歩近いたかな??

しかし、出来るならば、大どんでん返しで日本企業の落札ってな具合になって欲しいものですね^^;





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です