iOS 11では新しい画像・動画フォーマット導入でファイル容量が最大50%削減へ


 

iOS 11」では、画像と動画ファイルの画質を従来とほぼ変わることなくファイルの容量が最大で半分にまで減ることになるそうですよwww


カメラの高性能化とともに増加するファイル容量に対応するために、画像ではJPGに変わり「HEIF」、動画ではこれまでの h.264に変わり「HEVC」という新たなフォーマットの採用となったそうです。

それぞれ「High Efficiency Image File Format(高効率イメージファイルフォーマット)」と「High Efficiency Video Coding(高効率ビデオコーディング)」の頭文字を取ったものとのこと。

開発者向けにリリースされている「iOS 11」のベータ版では、「設定」から新フォーマットへの切り替えができるようになっており、新旧フォーマットの動画像比較はこちら・・・


JPGフォーマットで撮影した画像のファイル容量が2MB
新フォーマットのHEIFで撮影された画像(拡張子:.HEIC)のファイルは1.2MB
4割も容量が圧縮されています!!


h.264でエンコードされたファイル容量が61.2MB
新フォーマットのHEVC(h.265)形式のファイルは33MB
約46%も軽くなっています!!


ただし、このフォーマットを使用するためには「A9チップ」が搭載されているデバイスが必要とのことで、iPhone 6s/6s Plus、そしてiPhone SE以降の端末が対象になるようです。

ま、いずれにしても単純計算で画像と動画ファイルを倍扱えるワケですからね!嬉しい限りです(p゚∀゚q)キュキューン







 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です